ホーム

認知症になれば一時金がでる保険が発売されるって本当?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

以前ニュースを見て面白そうだと思ったのが認知症の保険なんです。

 

そもそも日本にはたくさんの認知症患者の方がいらっしゃいます。

 

その数も年々増え続けていましてだいたい日本には予備軍も含めて800万人の患者さんがいると言われています。

 

そんな中、満を持して発売される保険が認知症保険なんです。

 

今までありそうでなかった保険じゃないですか?それもそのはず日本初の保険なんです。

 

朝日新聞の1月23日付き朝刊にはざっくりとですがこう記されていました。

 

「認知症になると給付金が出る保険を、太陽生命保険が3月にも発売する」

 

太陽生命やるじゃないですか?今まであまりぱっとしない生命保険だったなぁという記憶しかなかったのですけど、すいません。

 

それにしてもこれからほかの生命保険でも取り扱うかもしれないと思うといい刺激になるかと思います。

 

さてそんな認知症保険ですが誰もが詳しい内容を知りたいと思うんです。

 

太陽生命の広報担当の方は詳細は未定などとつれないことをおっしゃっているようです。

 

でも関係者の話によるとちょっと詳細が見えてきました。

 

「加入者が認知症の診断を受け、一定期間同じ症状が続いた場合、家族が一時金を受け取れる仕組みを検討している」

 

ということなのです。まだまだこれだけではなんとも判断のしようがありません。

 

それと認知症になれ介護が大変ですけど、それ以外にも経済的なことも考えないといけません。

 

厚生労働省の研究班と慶大医学部が共同で発表した『認知症の社会的費用と推計』というレポートがあります。

 

これによると認知症患者を抱える家族は、本来仕事に充てられる時間を介護に使うことで、年間382万円を損していると推計されているんです。

 

この年間382万円というのはもちろん個人差もありますしばらつきもあるでしょうけど無視できない金額です。

 

それだけ経済的な損失を被るとなると家族の負担も大きくなるでしょう。

 

その経済的な負担だけでなく精神的な負担も取り除けるような保険であってほしいと思います。

 

【認知症予防ゲーム】お手軽で楽しい!手遊び感覚の立体パズル「賢人パズル」!気になる効果は?

読了までの目安時間:約 6分

自宅でできる立体パズル「賢人パズル」!

 

もし自分や自分の親が認知症になったらどうしますか・・・?

 

実感がわかないという方のほうが多いかと思います。

 

今後、日本は少子高齢化の波にいやでも飲みこまれてしまいます。

 

そのとき自分や自分の親が認知症になるということも想定しないといけない時代になるかもしれません。

 

「じゃあ認知症の予防を今からしたいけど、どう対策していいか分からない・・・。」

 

デイサービスならそういった認知症の予防のためにゲームなどをするかもしれません。

 

でも自宅でもできるのであれば認知症の予防をしたいですよね?

 

そこで思いつくのがスマホ用のアプリだったりするんです。

 

しかしスマホを使いこなせないしそもそも目が疲れるとできないのはナンセンス・・・。

 

そこで今、認知症予防ゲームとして密かに注目されているパズルがあるんです。

 

それがこちらの「賢人パズル」なんです。

 

賢人パズル01

 

 

これだとスマホで目が疲れるなどということもありません。

 

それにデイサービスで帰ってからでも一人でじっくりと手遊び感覚で楽しめます。

 

もちろんお孫さんと一緒に遊んでコミュニケーションを図るのにも最適です!

 

賢人パズルの口コミ

賢人パズル02

 

口コミを確認していただいたら子供用のパズルだというのが分かります。

 

ですがこういった立体的なパズルというのは認知症予防にもってこいだと思うんです。

 

レベル分けされてますから自分のレベルでチャレンジできるのもうれしいですね。

 

それではこちらの賢人パズルの口コミを見てみることにしましょう。

 

 

「親が要介護2でして現状維持という意味でも脳トレをやってもらってます。
今まではクロスワードやパズル本、間違い探し、ジグソーパズルをやってもらってました。
ですが視力が弱くなりこういった脳トレは向いてないというのが分かったんです。
そんな時にこちらの賢人パズルに出会ったんです。
やり始めて3ヶ月半、これ以外にも川島教授の計算ドリルをやっていました。
なのでパズルだけの効果を図るのは難しいかと思います。
しかしパズルを始めたころより格段に早く組み立てられるようになったんです。
認知症であっても進歩するんだということを感じました。
毎日1~24番までやってもらってまして、とにかくこのパズルを続けてもらってます。
本当によくできたパズルで出会えてよかったです。」

 

「友人の家で遊んでた6歳の娘がとても集中して遊んでたんです。
それで家でもと思いまして購入してみたんです。
シンプルですが奥が深いのでこれからもこちらのパズルで楽しめそうですね。
認知症対策のために両親にも送ろうかと思っています。」

 

「私の母の認知症予防のためにと購入してみました。
ブロックが木製でしてその大きさ、重さが手になじみやすいので気に入ってくれました。

 

ざっと口コミを紹介しましたが賢人パズルで遊びながら認知症対策が図れるのが分かりますね。

 

クロスワードや間違いさがしも悪くはありませんが視力が衰えている年配の方にはちょっと不向きですね。

 

賢人パズル03

 

逆に賢人パズルは木製の立体パズルとなってまして視力の問題もクリアできると思います。

 

それに手触りで木のぬくもりを感じられるというのも人気の秘密なんですよ。

 

これがあれば楽しみつつ認知症対策もはかどりますし、なによりお孫さんと遊べる口実にもなります。

 

手遊びでできる認知症予防ゲーム、それが「賢人パズル」です。

 

こちらの賢人パズルでしっかり認知症を予防してみませんか?

 

>>賢人パズルの詳細はこちら!

 

 

認知症を予防すべくアロマペンダントを購入して分かったある事実とは・・・?

読了までの目安時間:約 7分

アロマペンダントで香りをよく感じる方法とは?

アロマペンダント01

 

前回は認知症予防にはアロマの香りがプラスになるなどの記事を書いたかと思います。

 

>>【前回の記事】認知症にはアロマオイルで予防?ローズマリーは高血圧だとまずい訳とは?

 

そして前回初めてアロマペンダントを購入したことも書きました。

 

そのペンダントとはラピスラズリという天然石でできたアロマペンダントだったんです。

 

そのペンダントですがつけて歩いているといつの間にかコルクのふたがとれていたんです。

 

いつの間にかなくなってしまってだんですよね。

 

それに思ったよりも香りがなかったということもあってそのままお蔵入りしてしまった次第です。

 

でもちょっと諦めきれないので今度はきちんとしたのを買おうと思ったんですよ。

 

いい機会なのでその辺を今回は記事にしてみたいと思うので何かの参考になれば幸いです。

 

まず探すところからですけどアロマペンダントってたくさん種類があるんですよ。

 

なので自分の直感を信じて買ってみることにしました。それがこちらです。

 

 

そして購入して家に届きました。

 

ポーチとペンダント

 

ポーチとひも

 

なぜ私がこちらを選んだのかというと説明文でしっかりと香りを感じるような設計だったからです。

 

これなら期待できるかもと思いましたし今ならひもがおまけで付いてくるんですよ。

 

こういったところにひかれて購入を決めましたね。

 

チェーンはステンレス製ということで金属アレルギーが心配な方も心配せず使えるとのこと。

 

でも現物を見るとちょっとチェーンが弱そうなのでひもと取り換えたほうがいいのかもしれません。

 

説明書もついてまして書かれてますけど一度こちらのアロマペンダントの使い方を見てみましょう。

 

1、ペンダントの上下を回してふたを開けてください。
ペンダントは上と下に分かれます。

2、下のペンダントの内側のフィルターにオイルを2、3滴しみこまれてふたを閉めます。

3、フィルターにしみこんだオイルがペンダント上部の4つの揮発ヘッド穴から香ります。

4、体温でペンダント内部のオイルが温められることで一層香ります。

 

ということでさっそくですがチェーンと紐を交換してみることにしました。

 

ペンダントにひもを通した

 

やっぱりチェーンをペンダントから外すときにこのチェーンの弱さを感じました。

 

でも小さい輪っかを外してひもと取り換える作業は細かいので少し手こずりましたね。

 

思ったよりも手汗が出てすべるので近くにハンカチを置いておくとやりやすいです。

 

さてなんとかうまく入れ替えたところでペンダントにアロマオイルを注入します。

 

それから首にかけていざアロマの香りをかいでみると・・・、

 

・・・思ったより香りがこないです。

 

説明書に書いてるように直接肌につけて体温で温めないと香りが出ないのでしょうか?

 

試しに地肌につけて様子を見つつこちらの文章を書いている状態であります。

 

でもさっき気分転換にラジオ体操で身体を動かしてみました。

 

するとほのかに香ってくるではありませんか?

 

結論として動かないと香らないのかもしれません。

 

何にせよじっとしているのではなく動くことでアロマが香るのかもしれません。

 

とりあえずラジオ体操で香ったということが分かりました。

 

じっとしていてはダメということですね。

 

それに重さも違和感ないですし年配の方でもすんなり首からかけられると思います。

 

あなたもこのペンダントでおしゃれに認知症を予防してみませんか?

 

見た目も小さくてステンレスだからシックな大人の雰囲気でフォーマルでもカジュアルでもいけます。

 

それにステンレス独特の存在感もしっかりありますので安っぽく見られることもないでしょう。

 

ネックレスをする方はもちろんネックレスを普段しない方にもおすすめできるアロマペンダントですよ。

 

認知症にはアロマオイルで予防?ローズマリーは高血圧だとまずい訳とは?アロマペンダントはどう?<レモン>

読了までの目安時間:約 8分

認知症予防にアロマオイル?

認知症対策にアロマ

 

健康番組でもよく見かけるようになったのが「アロマオイル」です。

 

「たけしの家庭の医学」、「サタデープラス」などテレビでもこぞって取り上げてます。

 

最近ではこのアロマオイルで認知症を予防しようとする動きがみられるようになってきました。

 

昔だとアロマオイルはOLのリラクゼーションアイテムでしたけど時代は変わってきていますよ。

 

ではなぜ認知症予防にアロマオイルがいいのでしょう・・・?

 

認知症になった場合、まずダメージを受けるのが嗅神経(嗅覚神経)言われています。

 

この嗅神経は脳の部位で記憶と関係する海馬とも密接につながっています。

 

そこでアロマオイルの香りで嗅覚を刺激して海馬の活性化を促すことで認知症を予防、改善が期待できるんですね。

アロマオイルの注意点

 

自宅でアロマオイルを楽しむのであればアロマスタンドやトレイなどを使うと思います。

 

しかし外出していてもアロマオイルで認知症を予防したいという方もいらっしゃいます。

 

それに認知症予防には運動が効果的とも言われているんです。

 

普段何気なく生活していても工夫次第で散歩など歩く量を増やすことは可能だと思います。

 

ただ歩くだけでなく歩きながらでもアロマを楽しめるアロマペンダントなるものもあります。

 

後でご紹介しますがこうったアイテムがあれば歩きながらでもアロマオイルの香りを楽しめて便利です。

 

でもアロマオイルでも色々と種類があるんです。

 

実はお昼用と夜用では使うアロマが違うんですね。

 

詳しく見てみると・・・?

 

認知症が予防できるアロマ配合比率

昼用:ローズマリー2滴とレモン1滴をブレンドしたアロマ。
昼用アロマは午前中に2時間以上嗅ぐ、午後も嗅いでも問題なし。

 

夜用:ラベンダー2滴とオレンジ1滴をブレンドしたアロマ。
夜用アロマは寝る前の1時間前から嗅いて2時間以上嗅ぐ。

 

昼用と夜用を分けた方が神経細胞の活性化と沈静化が図れるだそうですよ。

 

それとアロマオイルは科学合成ではなく天然の植物由来の物を使うようしましょう。

 

認知症の予防ですが年齢は関係なく40代50代であっても予防として使うと効果が期待できますよ。

 

 

アロマオイルブレンド済

 

こちらのオイルは最初からブレンド済みなのでそのまま使えるので便利ですよ。

 

アロマオイルが初めてだというのであればまずはこういったアイテムを利用されるのも手だと思います。

 

しかしここで注意点があります。

 

それは、ローズマリーと高血圧の関係です。

 

高血圧の方やてんかんの病気をお持ちの方や妊娠中という方は使用はやめておきましょう。

 

特に降圧剤を服用されている方は注意が必要です。

 

精油の作用と温熱効果で血管が急激に開いて血圧が下がりすぎることがあるんです。

 

なので使用中、異変があればお医者に相談するようにしましょう。

 

代替品としてはレモングラスやペパーミントなどがありますでそちらを検討するのもありかと思います。

認知症予防のアロマアイテム

アロマグッズ

 

外出していてもアロマペンダントがあれば香りを楽しめると申し上げました。

 

しかしアロマペンダントでも種類がありますので決めあぐねるという方も少なくないかと思います。

 

自分の好きなデザインや雰囲気で決めるというのもいいと思います。

 

 

天然石ラピスアロマペンダント

 

中には天然石のアロマペンダントなどもあるんですよ。

 

写真では分かりにくいですが「ラピスラズリ」を選びました。

 

ペンダント以外にもアロマストーンディフューザーというのがあります。

 

 

アロマストーンディフューザーシルバー缶

 

コンパクトなシルバー缶になっていますのでペンダントが苦手という方はこちらをおすすめします。

 

そう大きくもありませんので胸ポケットにも収まります。

 

散歩などの運動であれば特に問題なく使えるかと思います。

 

このアロマストーンディフューザーの使い方をみるとオイルを3~5滴、直接アロマストーンに垂らします。

 

これで簡単に香りを楽しめますのでアロマの入り口が小さいアロマペンダントよりは楽ですね。

 

パーキンソン病もこれからは「臭い」で分かる時代になるのか?風邪の臭いも同じかも?

読了までの目安時間:約 4分

病気も臭いで分かる時代到来か?

パーキンソン病と臭い02

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000013-jij_afp-int

 

ネットニュースはいろんなニュースを扱っているわけでその中でも認知症関係は注視しています。

 

さてヤフーニュースに関心ありそうなニュースが掲載されていました。

 

そのタイトルが「パーキンソン病患者に特有の「におい」、遺族が指摘 研究対象に」とあります。

 

つまりパーキンソン病患者には独特の「臭い」があるというものなんですよ。

 

これはご主人を亡くされたジョイさんという女性がご主人がパーキンソン病になる前から体臭の変化に気づいていたんですって。

 

しかもほかのパーキンソン病になっている患者さんにも同じように臭いがあるというのです。

 

これがきっかけとなり、英慈善研究団体「Parkinson's UK」はパーキンソン病と臭いとの関連性を研究するためのプロジェクトに着手したそうです。

 

ちなみに彼女のニックネームは「スーパースメラー」というのだとか。

 

まぁこれは研究者がつけたあだなでしょうけどこの方が素晴らしいのは、この臭いの事実を医療機関に進言して研究にも携わったということにつきます。

 

せっかくこれだけの嗅覚をお持ちなんですから是非今後の医療分野でその「実力」を発揮していただきたいですね。

 

それにもしこれが本当だとしてその臭いが分かるセンサーとかあればそれこそパーキンソン病にとって予防的な治療も出来るのではないでしょうか?

 

もっといいように考えるとパーキンソン病だけでなく「ガン」や生活習慣病などにも特定の臭いがあるのかもしれませんね?

 

今後、研究を進めていただくことでひょっとしたら毎年の健康診断で臭いの項目が新しく追加される日もくるかもしれません。

 

閑話休題、

 

体調によって体臭が変わるということはあります。

 

中には風邪の臭いがするとか、看護師の方で癌の患者さんから同じ臭いがするなどがあるんですって。

 

がん検知犬ってニュースも以前あったような気もします。

 

なので臭い、体臭はこれからの医療にとっては注目すべきテーマになるかもしれませんね。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報
 
QLOOKアクセス解析