プラズマローゲンの副作用その他お得情報コム » お役立ち情報 » 認知症になれば一時金がでる保険が発売されるって本当?

認知症になれば一時金がでる保険が発売されるって本当?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

以前ニュースを見て面白そうだと思ったのが認知症の保険なんです。

 

そもそも日本にはたくさんの認知症患者の方がいらっしゃいます。

 

その数も年々増え続けていましてだいたい日本には予備軍も含めて800万人の患者さんがいると言われています。

 

そんな中、満を持して発売される保険が認知症保険なんです。

 

今までありそうでなかった保険じゃないですか?それもそのはず日本初の保険なんです。

 

朝日新聞の1月23日付き朝刊にはざっくりとですがこう記されていました。

 

「認知症になると給付金が出る保険を、太陽生命保険が3月にも発売する」

 

太陽生命やるじゃないですか?今まであまりぱっとしない生命保険だったなぁという記憶しかなかったのですけど、すいません。

 

それにしてもこれからほかの生命保険でも取り扱うかもしれないと思うといい刺激になるかと思います。

 

さてそんな認知症保険ですが誰もが詳しい内容を知りたいと思うんです。

 

太陽生命の広報担当の方は詳細は未定などとつれないことをおっしゃっているようです。

 

でも関係者の話によるとちょっと詳細が見えてきました。

 

「加入者が認知症の診断を受け、一定期間同じ症状が続いた場合、家族が一時金を受け取れる仕組みを検討している」

 

ということなのです。まだまだこれだけではなんとも判断のしようがありません。

 

それと認知症になれ介護が大変ですけど、それ以外にも経済的なことも考えないといけません。

 

厚生労働省の研究班と慶大医学部が共同で発表した『認知症の社会的費用と推計』というレポートがあります。

 

これによると認知症患者を抱える家族は、本来仕事に充てられる時間を介護に使うことで、年間382万円を損していると推計されているんです。

 

この年間382万円というのはもちろん個人差もありますしばらつきもあるでしょうけど無視できない金額です。

 

それだけ経済的な損失を被るとなると家族の負担も大きくなるでしょう。

 

その経済的な負担だけでなく精神的な負担も取り除けるような保険であってほしいと思います。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報
 
QLOOKアクセス解析