プラズマローゲンの副作用その他お得情報コム » お役立ち情報 » 【認知症予防ゲーム】お手軽で楽しい!手遊び感覚の立体パズル「賢人パズル」!気になる効果は?

【認知症予防ゲーム】お手軽で楽しい!手遊び感覚の立体パズル「賢人パズル」!気になる効果は?

読了までの目安時間:約 6分

自宅でできる立体パズル「賢人パズル」!

 

もし自分や自分の親が認知症になったらどうしますか・・・?

 

実感がわかないという方のほうが多いかと思います。

 

今後、日本は少子高齢化の波にいやでも飲みこまれてしまいます。

 

そのとき自分や自分の親が認知症になるということも想定しないといけない時代になるかもしれません。

 

「じゃあ認知症の予防を今からしたいけど、どう対策していいか分からない・・・。」

 

デイサービスならそういった認知症の予防のためにゲームなどをするかもしれません。

 

でも自宅でもできるのであれば認知症の予防をしたいですよね?

 

そこで思いつくのがスマホ用のアプリだったりするんです。

 

しかしスマホを使いこなせないしそもそも目が疲れるとできないのはナンセンス・・・。

 

そこで今、認知症予防ゲームとして密かに注目されているパズルがあるんです。

 

それがこちらの「賢人パズル」なんです。

 

賢人パズル01

 

 

これだとスマホで目が疲れるなどということもありません。

 

それにデイサービスで帰ってからでも一人でじっくりと手遊び感覚で楽しめます。

 

もちろんお孫さんと一緒に遊んでコミュニケーションを図るのにも最適です!

 

賢人パズルの口コミ

賢人パズル02

 

口コミを確認していただいたら子供用のパズルだというのが分かります。

 

ですがこういった立体的なパズルというのは認知症予防にもってこいだと思うんです。

 

レベル分けされてますから自分のレベルでチャレンジできるのもうれしいですね。

 

それではこちらの賢人パズルの口コミを見てみることにしましょう。

 

 

「親が要介護2でして現状維持という意味でも脳トレをやってもらってます。
今まではクロスワードやパズル本、間違い探し、ジグソーパズルをやってもらってました。
ですが視力が弱くなりこういった脳トレは向いてないというのが分かったんです。
そんな時にこちらの賢人パズルに出会ったんです。
やり始めて3ヶ月半、これ以外にも川島教授の計算ドリルをやっていました。
なのでパズルだけの効果を図るのは難しいかと思います。
しかしパズルを始めたころより格段に早く組み立てられるようになったんです。
認知症であっても進歩するんだということを感じました。
毎日1~24番までやってもらってまして、とにかくこのパズルを続けてもらってます。
本当によくできたパズルで出会えてよかったです。」

 

「友人の家で遊んでた6歳の娘がとても集中して遊んでたんです。
それで家でもと思いまして購入してみたんです。
シンプルですが奥が深いのでこれからもこちらのパズルで楽しめそうですね。
認知症対策のために両親にも送ろうかと思っています。」

 

「私の母の認知症予防のためにと購入してみました。
ブロックが木製でしてその大きさ、重さが手になじみやすいので気に入ってくれました。

 

ざっと口コミを紹介しましたが賢人パズルで遊びながら認知症対策が図れるのが分かりますね。

 

クロスワードや間違いさがしも悪くはありませんが視力が衰えている年配の方にはちょっと不向きですね。

 

賢人パズル03

 

逆に賢人パズルは木製の立体パズルとなってまして視力の問題もクリアできると思います。

 

それに手触りで木のぬくもりを感じられるというのも人気の秘密なんですよ。

 

これがあれば楽しみつつ認知症対策もはかどりますし、なによりお孫さんと遊べる口実にもなります。

 

手遊びでできる認知症予防ゲーム、それが「賢人パズル」です。

 

こちらの賢人パズルでしっかり認知症を予防してみませんか?

 

>>賢人パズルの詳細はこちら!

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報
 
QLOOKアクセス解析