ホーム

プラズマローゲンの副作用ってあるの?

読了までの目安時間:約 14分

プラズマローゲン副作用の心配は?

ホタテ

 

認知症に効果があると期待されている成分

「プラズマローゲン」

 

その名前は一度は聞いたことがあるかも

しれません。

 

先日もテレビで取り上げられヤフーニュースにもピックアップされたのも記憶に新しいかと思います。

 

その一部を抜粋してみました。

 

引用はここから>>

「2012年、九州大学の藤野武彦名誉教授率いる研究チームは、アルツハイマー型認知症患者において赤血球プラズマローゲンが低下することを証明した。血液中のプラズマローゲンの減少は、すでにカナダ、アメリカ研究チームが2007年に証明していたが、それが赤血球プラズマローゲンであることを突き止めたのが藤野研究チームだった。」

<<引用はここまで

 

その藤野名誉教授が先日、TBSテレビに出演されて

一躍プラズマローゲンが有名になったわけなんです。

 

TBS「夢の扉+」2月8日 #187

「脳科学で子どもたちに明るい未来を」

 

そしてそのプラズマローゲンをしっかり凝縮して開発されたのがこちらのプラズマローゲンサプリなんです。

 

ここで心配なのがサプリメントですから副作用とか気になってしまいますよね?

 

ホタテ02

 

もしプラズマローゲンに副作用などの問題があると服用するにもちょっと抵抗を感じてしまいます。

 

でもちょっと待ってください。

 

このサプリメントは九州大学名誉教授の藤野先生が開発されました。
医師監修のもと、とても研究されているサプリメントです。

 

しかも国産のホタテから抽出したものを使用、国内のGMP認定工場で生産しておりますので安全で安定供給が可能なんです。

 

では一体何に気をつけたらいいのでしょうか?

 

まず誤解を解いておきたいのがこちらの「プラズマローゲン」サプリメントには副作用は認められていないんです。

 

しかし原材料由来のアレルギーには注意しなければいけません。

 

サプリメント全般に言えることですが原材料にアレルギーがある場合はお控えください。

 

ホタテからくるアレルギーで注意すべきこととは?

白衣

 

アレルギーの種類で貝アレルギーがあります。

 

牡蠣やあわびなどがダメで火を通してもアレルギー反応が出てしまうという方がいらっしゃいます。

 

その貝アレルギーの中でホタテアレルギーがあります。

 

もし自分がホタテアレルギーてあるならばちょっと

注意しておかなければいけないことを以下に記します。

 

まず病状としてはかゆみや湿疹やかぶれなどの

皮膚的症状、ほかには吐き気やおう吐などがあります。

 

そのほかにも全身もしくは一部に赤みを帯びる場合もあります。

 

 

もしホタテを食べて具合が悪くなったりした経験や上記のような症状があった場合にはすみやかに病院で血液検査をすることをお勧めします。

 

副作用やアレルギーが気になるなら食事で認知症予防

青魚

 

プラズマローゲンはホタテから抽出されると先ほど

申し上げました。

 

ではプラズマローゲン以外に認知症に

効果的な食事や食材はあるのでしょうか?

 

それでは詳しく見てみることにしましょう。

 

魚・・・

 

イワシやサバなど青魚に含まれるEPA、DHAなどのω3系脂肪酸が心臓病や動脈硬化の予防に効果があるだけでなく認知症にも効果的だということが分かってきました。

 

この真偽を見極めるため米国の大学研究チームがマウスの実験をして認知症にどのような影響が出るかを調べました。

 

マウスのエサにDHAを混ぜてω3系脂肪酸とアルツハイマー病との関係を調査した結果、エサに大量のDHAが含まれていたマウスは少量しか含まれていないマウスよりもアルツハイマー病の兆候を示す脳の老人斑が約40%も少なかったという報告がなされました。

 

このことによりω3系脂肪酸がアルツハイマー病を予防するのに効果的であることが示唆されたんです。

 

納豆

納豆・・・

 

納豆にはオリジナルである「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。

 

このナットウキナーゼという酵素、アルツハイマー病の兆候であるアミロイドβたんぱくを分解することが分かってきたんです。

 

なので納豆を食べることで予防になるという

わけなんです。

 

それ以外でもシミの沈着を抑え血栓の防止、

血液の循環をスムーズにするという働きもあります。

 

つまり長寿を願う年配の方にすればこれ以上

ないおすすめの食べ物といえます。

 

もちろん若い人が食べても問題はありません。

 

匂いが苦手ということで食べないというのは

ちょっともったいない気がします。

 

アルツハイマー病には納豆と覚えておきましょう。

 

ココナッツオイル

ココナッツオイル・・・

 

最近になってよく耳にするのがこの

ココナッツオイルです。

 

このココナッツオイルもアルツハイマー病の

改善に効果があると言われているんです。

 

アメリカで若年型アルツハイマー病を発症した男性にこのココナッツオイルを3年にわたって食べさせました。

 

するとアルツハイマー病の症状が改善して

進行を食い止めたという報告があります。

 

もっと掘り下げてみていきましょう。

 

アルツハイマー病患者の脳内というのは

インスリンの効きが極めて悪くなっている状態なのです。

 

近頃では「3型糖尿病」と呼ばれています。

 

さてインスリンの効きが悪くなると

どうなるのか?

 

脳の神経細胞にエネルギー源となるグルコース(ブドウ糖)が使えなくなり、記憶障害などの認知症の症状を悪化させると考えられています。

 

ですがこの脳の神経細胞はグルコース以外

にも代替成分があることが分かってきました。

 

脂肪酸の代謝産物をエネルギー源とする成分、

それがケトン体なんです。

 

このケトン体が脂肪酸の代謝産物をエネルギー源として脳の神経細胞に使えることが明らかになりました。

 

つまりアルツハイマー病を発症したとしても

グルコースの代わりとしてケトン体が供給できれば脳の神経細胞は活性を保つことができるというわけなんです。

 

そしてここでココナッツオイルです。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が

グルコースの代謝産物としてケトン体を合成するんです。

 

巷でココナッツオイルが若い女性だけでなく年配の方も買っている理由がここにあるんですね。

 

赤ワイン01

赤ワイン・・・

 

赤ワインにはご存じポリフェノールが含まれています。

 

フラボノイドなど多種類のポリフェノールが入っているんです。

 

またそれ以外にもブドウの渋み成分であるタンニンや色素成分であるアントシァニンが含まれています。

 

これらの成分は高い抗酸化力があり悪玉コレステロールを低減させ動脈硬化や脳血管障害などを防止する働きがあります。

 

赤ワインのポリフェノールでも近年になって注目されているのが「レスベラトロール」です。

 

このレスベラトロール、抗酸化力や抗炎症作用があります。

 

しかしそれ以上に注目されているのが脳の神経細胞を活性化させ、認知機能を向上させる働きがあるということなんです。

 

これによりアルツハイマー病の予防や改善に効果が期待できるというわけなんです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

有名どころだけをピックアップしてみました。

 

探せばほかにも認知症に効果的な食べ物が出てくると思います。

 

しかし上記の食べ物であればそう手に入れるのも難しくはないかと思います。

 

日頃の食事にこれらの食べ物をプラスすることで日々の食生活から認知症を予防できます。

 

食事で改善できるならこれほど安上がりなことはありません。

 

認知症はまだまだ不透明な病気ですので今後も研究が続けられるかと思います。

 

私たちにできることはできるだけ有益な情報を

キャッチして食事にとりいれていくということです。

 

健やかな家族の人生のためにもできることは

なるべく手を打っていきましょう。

 

プラズマローゲンサプリをお安く購入するには?

プラズマローゲン05

 

認知症の予防や改善に効果があると期待されているプラズマローゲン。

 

この成分は今まで安定した形での抽出が困難だったためなかなかサプリメントになることがありませんでした。

 

しかし昨今の技術革新や特許技術により

ついに安定して抽出することに成功したんです。

 

このおかげで食事から摂取することなく

サプリメントで直接プラズマローゲンを摂れることができるようになったんです。

 

プラズマローゲンサプリホタテ01

 

そのサプリとは高純度プラズマローゲンです。

 

通常価格13500円なのですが定期コースで申し込む

1350円お得の特別価格12150円となっております。

 

その定期コースであるラクラク毎月便は

1ヶ月後に1箱お届けします。

 

送料無料・代引き手数料無料となっていますよ。

 

こういったご時世ですから無料でいいのはうれしいですね。

 

でも定期便って最低何個が頼まないといけないんじゃないの?と思われるかもしれません。

 

電話で確認したところ定期コースは2回目以降で解約できるとのこと。

 

これなら安心して定期コースで頼めますね。

 

1日当たりの摂取目安量

2粒を目安に水またはぬるま湯と一緒にお召し上がりください。

 

認知症の特効薬になる可能性を秘めている成分、プラズマローゲン。

 

その高純度プラズマローゲンサプリで頭の健康を取り戻して昔のような親子の団欒を取り戻してみませんか?

 

>>高純度プラズマローゲンサプリはこちら!

 

認知症の方におすすめのアロマペンダントはこちら!<アロマオイル>

読了までの目安時間:約 5分

アロマペンダントってどれがいいの?


 

以前テレビで認知症の予防にアロマがいいといいった内容が放送されました。

 

直接番組をご覧になった方もたぶんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのおかげでアロマオイルが注目されていますがもうひとつ注目されているグッズがあるんです。

 

それが「アロマペンダント」です。

 

テレビでも年配の方がアロマペンダントを普段からつけていつもアロマオイルの香りを嗅いでいたかと思います。

 

じゃあさっそくとネットで検索しら膨大な量のアロマペンダントが出てきたという経験ありませんか?

 

あれだけたくさんあったらどれがいいのか分かりません。

 

そこで今回私がよさそうなアロマペンダントをピックアップしてみました。

 

アロマペンダントを選ぶうえでの参考にしていただければ幸いです。

 

おすすめアロマペンダントはこちら

 

アロマオイル用のネックレス1120STスタンダード・【アロマ ペンダント】

送料無料
小さいサイズながらも存在感がありまして作りもしっかり丁寧に作られてます。
このペンダントの上部に穴が開いてましてここからアロマの香りがフワっと上がるんですね。
このアロマの香りを楽しんでください。
ネックレスもステンレスもしくは牛革を選択できるのもうれしいですね。


 

 

人気商品!アロマペンダントにも携帯ストラップにもなります-MURAKAMI-
送料別
見た目がかわいいし扱いも簡単。普通にぶら下げててもアロマが漏れたりしません。
他のペンダントは香り穴がネジの締め具合で調節したりしますがこちらは香り穴があるので心配ありません。
携帯ストラップにもなるのでプレゼントとしても最適。香りを染み込ませる部分は市販の綿棒で代用OK.


 

ニュームーン アロマ ペンダント
価格:3780円(税込、送料別)

 

ニュームーン アロマ ペンダント
送料別
上弦の月をモチーフにしたアロマペンダント。しかも銀製でかわいさと上品さを兼ね備えています。
派手さも控えめの小さめサイズだから会社につけていっても違和感ありません。
付属のピンセットが大きすぎて使えず楊枝を使っているという口コミあり注意。
素材とデザインからしてお守りとしても期待できるかも?


 

 

シルバー925 イエローゴールド スターCZ レースボールアロマペンダント
送料無料
見た目が華やかなゴールドカラー。ユリをかたどったレース模様がエレガントさを演出。
あなたの胸元に視線を集めること間違いなしのアロマペンダント。
デザインと香りを同時に楽しめるだけでなくおしゃれなジュエリーとしても大活躍。
母の日や誕生日プレゼントへの贈り物にピッタリ。開けにくいとの口コミあり。お値段高め。

認知症で人気のアロマ!でも注意しないと大変なことに???

読了までの目安時間:約 5分

テレビのおかげでアロマが大人気

認知症対策にアロマ

 

テレビの影響で認知症にはアロマがいいということを聞いたことがありませんか?

 

これは以前テレビ番組「たけしのみんなの家庭の医学」で取り上げられ大きな反響を呼びました。

 

そこで認知症の疑いがある人、認知症を予防したい人がこぞってアロマを試したわけです。

 

それに父の日や母の日のプレゼントとしてこのアロマとアロマペンダントをプレゼントしたという話も聞きます。

 

確かにアロマオイルで気分もよくなってしかも認知症が予防できれば安いものですよね?

 

しかしここで注意すべきことがあります。

 

それはアロマの中の「ローズマリー」です。

 

このローズマリーが曲者でして高血圧の方は注意しましょう。

 

なぜなら精油の作用と温熱効果で血管が急激に開きその結果、血圧が下がりすぎるケースがあるんです。

 

なので高血圧の方やてんかんを患っている方、ほかにも妊娠中の人は使うのはやめておいた方がいいでしょう。

 

特に降圧剤を飲んでいる方は掛かりつけの医者に確かめたほうがいいですね。

 

あとローズマリー以外にもペパーミントのほかにセージ、タイム、ユーカリがあります。

 

これらは一度ご自分で調べてみることをおすすめします。

 

仮に使いたいというのであればローズマリーの代替品がありますよ。

 

例えば「レモングラス」などがありますので探せばほかにもあるかもです。

 

昼と夜とでは違う?

 

ちなみにアロマでも昼用と夜用で違うんです。

 

これも「たけしのみんなの家庭の医学」で取り上げらてました。

 

その内容とは以下になります。

 

昼用アロマ:ローズマリー2滴とレモン1滴をブレンドしたアロマ。

夜用アロマ:ラベンダー2滴とオレンジ1滴をブレンドしたアロマ。

 

最近だとブレンドされたアロマオイルがありますのでこういったのを利用するのもいいでしょう。

 

昼間はレモンを使うことで穏やかに集中力を高めてくれる作用があります。

 

昼以外にもレモンは使えまして夜なら就寝前に眠気を誘うのにも使えます。

 

あと、バジルも頭脳を明晰にして集中力を高める効果が高いんですよ。

 

夜に眠気を誘うアロマとしては以下があります。

 

オレンジスイート、ラベンダー、カモミールローマン、ゼラニウム、マジョラム、レモングラス、プチグレイン、ローズオットーなどがあります。

 

いずれもリラックスさせ眠気を誘うのに適していると言われています。

 

もし高血圧の方で血圧を安定させたいのであればラベンダー、レモン、ゼラニウムが良いようです。ご参考にしてください。

 

個人賠償責任保険で認知症の事故もカバーできる?その保険料とは・・・?

読了までの目安時間:約 5分

個人賠償責任保険で安心?


 

先日、最高裁で認知症の家族の無罪が言い渡されたニュースも記憶に新しいかと思います。

 

確かに認知症の方が家族に迷惑をかけるというケースはなにも今始まったものではありません。

 

今回のように電車で事故を起こして本人がなくなるだけでなく周りに迷惑をかけてしまっては家族としてはやりきれません。

 

そこで他人をけがさせたり、モノを壊してしまったりした際の保険として「個人賠償責任保険」があります。

 

この保険、認知症の方が起こした事故も保険でカバーできるということで注目度が急上昇しているんです。

 

きっかけはやっぱり先の電車事故の裁判からなんですね。

 

現在、約520万人の認知症患者がいらっしゃいますがこれが25年には約700万人に増えるという試算があります。

 

認知症の方が外がトラブルを起こす、巻き込まれるというリスクはいつでもあるかと思います。

 

もし多額の損害賠償など支払い義務が生じれば経済的にもかなり厳しいものがあるかと思います。

 

なのでこれからますますこういった個人賠償責任保険に加入する方も増えるのではないでしょうか?

 

個人賠償責任保険の保険料は?

 

ちなみに個人賠償責任保険は自転車での事故や買い物していて商品を破損させた場合もカバーしています。

 

その場合、単独での契約ではなくあくまでも自動車保険や火災保険、傷害保険などの特約として加入するのが一般的です。

 

それ以外でもクレジットカードの付帯保険として加入できるものもあります。

 

これは契約者本人だけでなくその家族も含まれたりしますので人気が出てきているんですね。

 

気になる月々の保険料ですが特約なので思いのほかお安いんです。

 

特約の保険料は月120~180円程度となっております。

 

これで個人賠償責任保険の補償額が大手損保で無制限、カード付帯では1億円とするものが多いんです。

 

ちなみにJCBカードの「日常生活賠償プラン」は賠償責任を1億円まで補償してくれます。

 

しかもその保険料は月120円とリーズナブルです。


今回の裁判ニュースで大手損保各社は個人賠償責任保険でカバーされる補償対象の拡大を検討しています。

 

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険・・・、

従来の補償対象→同居の親族や別居している未婚の子。
15年10月から→別居している既婚の子や本人の後見人。

 

東京海上日動火災保険・・・15年10月から同様の改定。
損害保険ジャパン日本興亜・・・16年度中に改定。

 

こういった個人賠償責任保険を利用して少しは負担を軽減させるように工夫してみてはいかがでしょうか?

 

認知症で暴れるのって実は薬の副作用が原因?

読了までの目安時間:約 3分

暴れるのは薬の副作用が原因?


 

 

認知症で困るのは何も家族の顔や名前を忘れるといったことだけではないんです。

 

中には暴言を吐いたり暴力をふるったりと暴れる認知症患者の方も少なくありません。

 

そうなると年老いた方では対応はなかなか難しくなるかと思うんです。

 

それに認知症の症状が進行すると話してる最中に突然、殴ってきたり暴れたりする方もいらっしゃるんです。

 

これではまともに介護なんかできません。

 

ただでさえ介護の方でもしんどくなったりして仕事を辞めてしまわれる方も多いと聞きます。

 

無理もありません。こんな状態が続いたらタフな人間でも頭がおかしくなってしまいます。

 

このように暴言や暴力、またはお金を盗まれたなどの妄言によって家族や介護関係の方が今でも苦しんでいるのが現状なんです。

 

これが家での介護だとヘルパーさんだけでは追い付きませんし家族が倒れてしまいます。

 

もちろん施設なども検討はするんですがケアマネージャーに相談してもこの暴れてしまうというのがネックになるんです。

 

このように難色を示されてなかなか入れて貰えないことが多いのが現実なんですね。

 

もし認知症患者でこのような問題行動を起こされている場合、ある薬を服用している可能性があるんです。

 

それが認知症の薬「アリセプト」です。

 

このアリセプトの副作用として患者さんが易怒的になり興奮を助長したりすることがあるんです。

 

そもそも認知症を改善する薬ってのはほとんど「興奮剤」なんです。

 

アリセプトを服用されていた患者が3ヶ月ほどで無害なおじいちゃんおばあちゃんに落ち着いたという事例もあります。

 

なので病院や施設に行く前にまずは薬を止めてみるということを考えてみてください。

 

独断ではあれなのでお医者さんと相談してみましょう。何か答えが見つかるかもしれません。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報
 
QLOOKアクセス解析